2020 台湾教育省奨学金・華語文奨学金 「認証」とは?持ち物や手続き

台湾奨学金 認証 華語文 台湾

2020年度 教育省台湾奨学金・華語文奨学金の手続きが始まっています。

現在、華語文奨学金に応募するため、申請書類の準備に追われています。

2020年度の 教育省台湾奨学金・華語文奨学金の応募締切は3月27日(金)郵送で必着。
関東在住ですが、なんとか3月25日(水)には速達で発送しようと考えています。

この奨学金の応募。なかなか手続きが面倒。
(ほかの奨学金もそんなもんかもしれませんが)

その中でも一番難しいのが、「認証」という手続きと「学習計画書の作成。

この記事では取り急ぎ「認証」について書いておこうと思います。
( 学習計画書については、別記事で記載しようと思います)

少しでも不備があると2度手間・3度手間になります。
そんなことにならないよう、注意点を記事にしてみました。

要点を書いておきます。

追記(2020/7/23):
実は・・奨学金に応募したのは、子どもです。
ありがたいことに、正式採用となりました。
が、現時点で留学ビザの申請ができず、9月入学は無理かなという感じになってきました。
8月には一緒に台湾に行って1か月くらい過ごす計画だったのになあ。

・成績証明書・卒業証明書は日本語も英語も認証が必要
・認証の手数料は1600円×4=6400円
・即日発行ではない。後日(2日後くらい?)また取りに行く。
・成績証明書・卒業証明書は開封しないで提出する

今年度応募するかたや、今後応募を考えているかたのお役に立てればと思います。

スポンサーリンク

2020年度 教育省台湾奨学金・華語文奨学金募集要項の「認証」について

認証が必要な書類

まず、募集要項はこちら
2020年度教育省台湾奨学金・華語文奨学金募集要項

こちらの応募書類の中には下記書類が記載されています。
「5.最終出身校の全学年の成績証明書の写し」
「6. 最終出身校の卒業証明書、修了証明書、在学証明書の写し」

この2種類、それぞれ「日本語と英語」が必要で、さらに「認証」という手続きが必要です。

つまり、応募書類5、6で用意するのは下記の4点になります。

・認証された日本語の成績証明書
・認証された英語の成績証明書
・認証された日本語の卒業証明書等
・認証された英語の卒業証明書等

認証ってなんだ?

ここで、認証とは応募要項では下記のように説明されています。

中華民国(台湾)政府によって、書類を確認する行政手続きである。

まったく初めてだと何がなんだかわかりませんよね。

そこで、認証をする「台北駐日経済文化代表処」のページから少し引用してみます。

商務認証、個人認証などいろいろな認証をしているようです。
今回は成績証明書ですので、関係のあるのは「個人認証」になります。
個人認証について

この文書によると、こんな説明があります。

日本で作成された文書、書類は台湾の関係官庁に提出する前に当代表処または
横浜、大阪、福岡、沖縄、札幌にある各弁事処による認証が要求される場合があります。

どんな効力が発生するのか不明ですが、まあ、とにかく奨学金の申請には「認証」が必要とあるのだからやるしかないですよね。

効力や目的、分かったら追記します^^;

こちらの組織、民間の機構ですが、実質的には大使館や領事館の業務をしていて、ビザの発給や文書証明などを行っています。
⇒文書証明等の受付時間・休日などの案内のページはこちら

申請受付時間(月曜日~金曜日) 午前:09:00-11:30 午後:13:00-17:00 土、日曜と日本の祝祭日は休み。その他春節もお休みのようです。

電話やメールでの問い合わせも受け付けてくれますので、不安な点があれば先に問合せをしたほうがよさそうです。

スポンサーリンク

2020年度 教育省台湾奨学金・華語文奨学金募集要項の「認証」に持っていくもの

個人認証に関する案内によると、下記が準備するものになります。
(代理人の場合は委任状なども必要です)

  • パスポートの原本と写し1部
  • 認証書類の部数と写し1部

今回は認証するものは、成績証明書(日本語・英語)、卒業証明書等(日本語・英語)。
計4部の書類が必要になります。

で、ここで疑問が。

成績証明書や卒業証明書って、封筒に入ってますよね。封がされて。

しかも「本人開封無効」って書いてある。

そしたら「写し」(コピー)ってとれないじゃないですか?

そこで、この疑問を電話で問い合わせてみました。
すると、

「開封しないで持ってきてください。こちらでコピーします」

とのこと。

他のブログをみたら「開封して持っていった」という人もいらっしゃったので、もしかしたら大丈夫なのかもしれませんが、やはりそのままのほうがよさそうです。

証明書類の手数料は1部1600円です。
これも行くまでわからず。
現金、多めに持って行ってよかったです・・

教育省台湾奨学金・華語文奨学 認証の持ち物
・パスポート
・パスポートのコピー(顔写真のあるページ)
・封をしたままの成績証明書(日本語・英語)
・封をしたままの卒業証明書等(日本語・英語)
・現金 6400円(1600円×4)
スポンサーリンク

2020年度 教育省台湾奨学金・華語文奨学金募集要項の「認証」 窓口での手続き

関東在住なので、台北駐日経済文化代表処へ行きました。

地下鉄南北線・三田線「白金台駅」1番出口から徒歩5分。
その他詳しいアクセスや連絡先ついてはこちらでご確認ください。
組織と業務

窓口に行くと整理券(番号札)が置いてあります。
手続内容に該当する整理券を取ります。

よく銀行に行くとあるような発行機ではなく、色のついた番号札が置いてあります。

番号が呼ばれたら書類を渡して手続き。
2日後の14時以降にできているそうなので、また後日取りにいくことになります。

お金を払って、受付表(兼領収書)を受け取って終わりです。

混んでいなければ30分程度で終わると思います。

2020年度 教育省台湾奨学金・華語文奨学金募集要項の「認証」 おわりに

実は・・・

一回目の手続きのときに、成績証明書に致命的な不備があって3回通うことに。

卒業校に急きょ英語の成績証明書を作り直してもらったり、それはもう大騒ぎでした。

詳細は結果が出てから書こうと思います。

手続きは余裕を持って行いたいですねー。

それでは、お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました